BLOG

成功する製品やサービスの要素とは?

起業して上手くいかない主な原因の一つは、アイデアそのものが壮大すぎることにあります。アイデアが新しすぎる。複雑すぎて理解不能。製造コストがバカ高い。結構、お金があれば成功するんだ、と思っている人が多いのですが、そういう方に限ってお金を持ってしまってかけるところだけ費用をかけて(概ね投資、今までの借金返済等)、使い切ってしまって終了というパターンが多いのです。本当に成功する人はお金がなくても上手くやります。お金集めに都内で東奔西走して、実はネット喫茶で暮らしているいい大人がいると知ったときには、笑ってはいけないと思いつつも、笑ってしまいました。そこで数億投資してくだされば、何千億、兆になるといわれても、あなた笑えますよ、と一言面と向かっていってあげたくなります。まあ、そういう奴には近づかない方がよいということです。

小さくてもまずは生活できることが重要です。生活できればあとは何とでもなるのですから。そこで成功する製品やサービスはどのようなものかといいますと、アイデアが理解しやすく、売れやすく、それでもって今までにないもの。消費者、販売業者、仕入先、メーカー等すべての人に価値があって、人々の暮らしにマッチするものです。

一言でいえばシンプルであって、直感的にベネフィットが理解できるものでなければなりません。パッときて、サッという感じです。今後、人工知能が発達していくと、段々人間の判断能力が衰えていきます。深く考えることは頭が疲れてしまいますし、おそらく人間は今後あまり深く考えないようになっていくと思われます。もうすでにその萌芽が見えてきています。そのうちですが、どんな商品でも顧客ニーズがどうこうというよりも、人工知能がお勧めしてくれる商品が売れるようになっていくでしょう。そんな笑えない未来がそんな遠くない時代にやってきそうです。

閑話休題。話は戻りますが、成功を収めたシンプルなアイデアというものは、そのほとんどが、実績のある市場で出回っている既存製品を改良、あるいは強化したもの、そしてメリットを上乗せしたものです。全く新しいものというものは、流行しないはずです。あるいは市場に浸透するまでにものすごく長い時間が必要です。流行するにはその前の基盤ができていることが多い。例えば、スマホにしたってポケベルがあったからでしょうし、AppleのiPod(iPhoneといった方がいいかも)はソニーのウォークマンがなかったら流行していなかったと思うのです。

もちろん資本力があれば、全く出回っていない新しくて奇抜なものでもよいかもしれませんが、自分でお金を持っていない場合、つまり他人に出してもらう場合には、リターンも求められますから、投資金額の回収が何十年かかるかわからないものに投資するはずがありません。稼いだものに関する社会への御礼も兼ねた寄付行為であればないわけでもありませんが、寄付は見返りを期待しないものですし、ほとんどの場合、その投資で一儲けしてやろう、という人間のもとにはそのような寄付金は集まってきません。なので、素直に、既存品に少し手を加えて、狭い市場にそよ風を吹き込むくらいが我々一般人にはちょうど良いやり方なのです。

関連記事一覧