BLOG

グローバルなお金持ちのマインドとは

金融資産1億円以上が日本には130万世帯くらいいるようですが、ここで世帯といっているのは夫婦でという意味です。これはアメリカや中国に次ぐ数です。しかし日本にそんな富裕層が多いのかというと、今一つイメージがわきません。それか、そんなにいてほしくないという気持ちの表れなのかもしれませんが。

そのからくりとは、日本のお金持ちのほとんどが本来は一般庶民だったのですが、高度経済成長で給与が上がり、土地が値上がりしたことで資産家になった人たちが多いということです。今までの日本の経済であれば、夫婦共働きでそこそこの会社で働いており、東京の郊外で住宅を持っていて、しかも無駄遣いをしなければ、簡単に1億円くらいの資産は作れてしまいます(半分が土地と建物)。こういった人は、周りから見れば単なる平凡なサラリーマン家庭にしか見えません。後は日本の経済力のおかげで、こういった人たちは世界的にも富裕層の仲間に入ってしまいます。

しかしながら、1億ドル以上の超富裕層ということになると、日本はほぼランク外になってしまうようです。

自分の知人で、香港華僑の方がいますが、その方は現在日本に住まわれていますが、ご兄弟はカナダやアメリカに住んでいらっしゃって、そもそも既に香港にはいないようです。知人の方は子供さんはいらっしゃいませんけれども、ご兄弟の子供さんは世界のあちこちに散らばっています。

香港から離れた理由は、ご両親が既にお亡くなりになったということもありますが、中国という存在も大きいということでした。一国二制度を維持しているといいますが、いつの時点で香港が中国に飲み込まれるか、といった不安があるのでしょう。最近の香港は、大陸からの方が多いですし、タクシードライバーも会社の受付も英語が通じない人がいますしね。

政治的な話はともかくとして、世界的な富裕層は、長く他国に住むことで永住権を取得し、一族の資産を分散させようとしているのです。政情不安の国であればなおさらです。まあ、アメリカで生まれて育っていれば、他国に永住しなくてもいいとは思いますが、それでも資産を分散させることには、意味があるでしょう。他の国に移住してしまえば、アメリカの課税権は及びませんから。

海外には相続税のかからない場所がたくさんありますから、富裕層であればあるほど、節税のインセンティブが高まるというわけです。

関連記事一覧