BLOG

プライベートバンク気分を味わうためには、ひとまず信託銀行へ行こう

お金持ちのための専用銀行と言われるのがプライベートバンクです。資産額が一定以上の顧客のみを対象とした特別な銀行でもあります。元々はスイスで発達し、顧客ごとにコンシェルジュがついて、資産の運用、海外不動産の管理等、資産家のありとあらゆるニーズにこたえてくれますが、我々一般庶民には手が届きません。預け入れる資産は最低数億円とも言われています。

日本でもなんちゃってプライベートバンクはありますが、本当の富裕層向けではなく、高額所得者を対象とした実質中間層に向けたサービスにとどまっている感じがします。

おそらく、日本でプライベートバンクに近い存在というのは、信託銀行でしょう。もちろん欧米のプライベートバンクとは相当かけ離れておりますが。扱っている顧客は庶民から超富裕層まで千差万別。富裕層になれば、それなりのサービスを受けられます。もちろん専門のコンシェルジュもつきます。

自分の知り合いのお金持ちの方が、儲けさせてやるから〇〇信託銀行に口座を作れ、と言われて、実は自分も信託銀行に口座は持っています。どれくらいの預金額があるかは内緒ですよ。そのお金持ちからの紹介ということで、スムーズに口座を作ることができました。そこまでは良かったのですが、まだ儲けさせてもらっていません。いつ儲けさせてくれるのでしょうか(笑)。

その信託銀行では、元々海外銀行の日本支店が撤退したときに、丸々と顧客ごと引き取り、サービスもその海外銀行のモノが受けられますから、海外送金や、海外でのATMに引き出しなどは相当便利になっています。

また、信託銀行では、お金持ちが所有する不動産を有効活用するためのサポートや遺言状を管理するなどの相続対策も行っています。日本の信託銀行では最低1,000万円くらいあれば、ちょっとしたサロンで、コンシェルジュが対応してくれたりしますから、富裕層の雰囲気を味わうために、頑張って1,000万円を貯蓄しましょう。

関連記事一覧