BLOG

お金持ちになるためには、努力に応じた配分という考え方を捨てること

これだけやっているのに何でダメなんだ、ここまで時間をかけたのだからもう少し報酬が多くても。何かやったから、もらいが多くて当たり前、というのはまさに雇われる側の発想でしかありません。

サラリーマンだからといって気楽なことはないですし。営業をやっているとノルマの達成ができていないと胃に穴が開いてしまうのではないか、というくらいに胃が痛くなったり、そもそも出社が嫌になってきます。以前関係している会社の営業マンで本当に胃に穴が開いてしまった人がいますが、正直笑えません。

営業は数字が全てですが、事務系はいかにその時間内に多くの仕事をこなしたかが評価されます。しかし現実なところ、9時6時に会社にいればいいだけですと、言われたことだけやっていて、時間が終わったらハイさよならで済む場合もあります。そういう責任を持たずに済むポジションの人は、大抵お金は稼げませんけれどもね。

9時6時にいたから金をくれ、その後残業したんだから金をくれ、というのがまさに使われる側の発想ということです。正直、そう思っている人は永遠に使う側にはなれませんし、人を使う側になれない=お金持ちになれない、のです。

世の中の大半は実は努力よりも、運で成り立っています。努力で全て報われるというのも、これも使われる側の発想でしかありません。

サラリーマンのように予めルールが決められているゲームであれば、頑張って成果を出せば会社が報酬を分けてくれるかもしれません。受験勉強も運はありますが、どちらかというと努力です。もっと正確に言うと正しい努力(しっかりとした家庭教師をつけるとか、きちんとした塾に通って受験テクニックを効率的に身に着けること)がモノを言います。

しかし実業家になる場合、ルール自体も自ら決める必要があります。当然、お金を稼げれば勝ち、稼げなければ負けという単純な話ではありますが、あなた自身がお金を稼ぐルールを決めなければならないのです。そして会社組織を作ったときに、その報酬の分配ルールについてもあなたが決めます。

努力をしたのだから報酬をもらって当然、というのでは平均的なレベルでしかお金を稼げません。ですが、実業家、あるいは独立した後でも、多くの人が他力本願で、使われている側の発想を捨てきれていない人が多いのです。やることやっているのに何でダメなんだ、と、そのやることを見てみたら無駄だらけ、意味のないことをやっている、やり方が間違っているというオンパレードではありますが、時間をかけたからとか、お金をかけたからこれだけ儲かって当然と考えているうちは全くダメ。

人と違うことをやること、そして偶然の人との出会いをお金に換えていくなど、運を味方につける発想を持って初めて、お金持ちの階段を上がることができるようになるでしょう。努力よりも運をつかめるかどうかなのです。但し、運をつかむためには最低限努力が必要になります。どちらかだけでは上手くいきません。

関連記事一覧