BLOG

好きなことやりたいのか、お金儲けがしたいのか?

結局のところ、自分のやりたいことってなんだろう、と改めて考えてみて、今の自分がなりたいことだったといえる人は1%もいないんじゃないでしょうか。なりたいことを見つけて、それが達成できた人は素晴らしいですし、もちろん達成できなくても自分のやりたいことを見つけられた人も素晴らしいと思います。

プロ野球選手になりたくて、高校野球で才能を開花させ、日本のプロ野球で成功し、はてまたアメリカ大リーグで活躍されている選手は、ほんの一握りだと思いますが、うらやましい限りです。自分のやりたいことを見つけて、その才能が完全に合致して花が開いた人生です。でも、そんな選手は一握りしかいなくて、多くの人が単なる夢で終わってしまいます。とはいえ、自分がやりたいことを見つけてそれを挑戦し続けた人生は貴いと思うのです。

さて、普通の人は子供の頃にやりたかったことなんて、達成できずに、普通に入れる高校へ行き、入れる大学へ入り、入れる会社に入る。そこで平凡に暮らしていきます。なんでそんな人生になるかと言いますと、やりたいことがないからです。高校の時の先生に言われたものです。そもそも何になりたいかなんてどうでもいいから、とにかく今はテスト勉強をしろと。学歴が高ければ、比較的に仕事は選びやすいはずなんですが、別にそうでもないですね。世間的には行きたい会社には比較的行きやすいのでしょうが、そもそも行きたい会社とかやりたい仕事ってなんなんだですよね。

本当に好きなことはよくわからない、という方が多いのではないでしょうか。人生は行き当たりばったりです。何をやりたいと思ったところで、できることしかできないですし、人から頼まれたことをやる以外にはないわけです。人から頼まれていないことをやったとしてもお金にはならず生活はできませんから。お金をくれることをとりあえずやるでもいいんじゃないかと思います。

ある人はラーメンの評論家をやりたいといっていましたが、最初は単なるブロガーだったですが、一念発起してラーメン屋になってしまいました。彼がやりたいことはラーメンの評論家ではなく、自分でラーメン屋をやることだったのです。厳密には自分の味を作りたかったのでしょう。その後ではブロガーは完全に廃業しています。つまり、自分がやりたいと思っていることをやってみると、違うことに気づいたりもします。実際やりたいことは自分が思っていることと違うこともあるのです。

若いうちはクリエイティブなことをやりたいといって、やんちゃしている人も多いのですが、クリエイティブは何も音楽とか小説書きとかそんなことだけではありません。極端な話、経理等の事務にだってクリエイティブが必要なことがあります。仕事の工夫という意味です。決して粉飾会計(クリエイティブ・アカウンティング)のことではありません。

あと、こんなことやりたいんだ、俺は、といってずっとサラリーマンでとどまっている人もいます。そうして、嫁がとか子供がとか世間体がとか自分の心に歯止めをかけています。そんな人はおそらくそのことは大してやりたくもないんです。やりたければ脱サラして飛び込んでますよ。

今の自分がそうなっていないのだったら、自分には特に好きなものはないと考えた方が良いのだと思います。

お金持ちになりたい。であれば起業して稼ぐしかないのです。二足のわらじで成功するほど世間は甘くはありません。

関連記事一覧