BLOG

賢い消費者になることが、まずお金持ちへの第一歩

この世は消費者と、その消費者にモノやサービスの提供者という二種類に分かれます。当然のことながら消費者であるうちはお金持ちになれません。提供者の方に回らなければなりません。しかしお金持ちも含めて、全員が消費者であることは否定できません。お金持ちになるためには、単なる消費者ではなく、賢い消費者にならなければならないのです。

何か物を買ったり、サービスを受けるというのは非常に楽しいものです。しかしその楽しさを享受するためには必ずと言っていいほど対価がかかります。その対価のために、我々は嫌な仕事に耐えてお金を稼ぎ、提供者へお金を貢ぎます。

消費者の中には、単なる消費者と、提供者の側に回ることができる消費者がいます。いわゆる賢い消費者ですが、提供者の側に回れるのは、提供者の意図が理解できる人です。

世間的なヒットソングを提供するミュージシャンを分類してみると、売れ線を提供する商業家タイプ、自分の音楽を追求する芸術家タイプに分かれます。そもそも後者ではプロの音楽家としては食べてはいけません。そのため、プロになりたければ、芸術家ではなく素直に商業家タイプを目指すべきです。しかしなりたくてもなかなかなることはできません。

試行錯誤のたまものではありますが、売るための音楽は消費者の嗜好を分析していますから、その作品に感動するリスナーも多いのですが、音楽家が本来自分で作りたいものとはかけ離れていることも多く、音楽作品としては今一つと感じることも多々あります。もちろんある程度のセールスが見込めるようになってから、自分の音楽性を前面に押し出した作品もないわけではありません。

音楽だけでなく漫画の連載もそうです。売れてくると雑誌社の方が、先生、(売れてる)路線で行きましょう、となります。自分のポリシーを曲げても、雑誌社に合わせないといけないので、漫画家も大変です。売れない方がもっと大変ですが、売れないときの方が自由度の高い、思い通りの作品が書けていたでしょうに。

漫画作品の多くが最初は結構優れていると感じますが、段々マンネリ化してくるのも、ネタが切れてきたというだけではなさそうな気がします。雑誌も売れてなんぼですから。売れた作品の多くが、芸術家が心の底から湧いてきた感情で作ったものではなく、単なるマーケティングの所産なのです。

ここで言いたいことは、売れる音楽や漫画が本当に作者が作りたいものではなさそうなのでダメということではなくて、そもそも売れるものというものは売れるように仕掛けられているモノだということを知っているかどうかです。売るために作られた作品に純粋に感動してお金を払っているだけでは業者にとっては単なるカモの消費者で終わってしまいます。それを知った上で音楽を聴いたり、漫画を見たりしている人は、提供者がどう考えたかという仕組みに目が行くために、提供者側に回って成功する可能性もが高いといえます。

そういう意味で、お金持ちになりたければ、まず賢い消費者になりましょうということです。

関連記事一覧